生後4ヶ月の寝ぐずり・夜泣き・ギャン泣き対策!止める方法は?

生後4ヶ月の寝ぐずり

4ヶ月頃の赤ちゃんは首が完全にすわり、うつ伏せにするとずり這いしようとしたりと動き始める準備を始める頃ですね。
それと同時に心と脳の成長も日々盛んになる頃です。目に見えるもの、鼻に匂うもの、触れるものなど五感全部の情報がとっても大切なのです。
そして、この頃の寝ぐずりは更に大変になってきます。
バタバタ暴れるようになり、泣き声も更に強く出せるようになるので、夜中にいきなり寝ぐずりされるとビックリして飛び起きることも。

 

私は「赤ちゃんに手が掛かるのは3ヶ月までだから」と母に言われてたのに4ヶ月になっても夜泣きや寝ぐずりは続き、むしろ酷くなってたので母に「嘘つき!」とヤツ当たりをしたことがあります。

 

4ヶ月だと昼夜の区別はついてきてますよね。比較的昼間より夜の方が寝てくれるようになっていればリズムが出来上がっていると思っていいと思います。
昼間はなるべく起こしてママと遊んだり、泣く事による腹筋運動をさせたりして夜にぐっすり寝れるような工夫をしてみましょう。
また、寝る時間を教えるような儀式を始めるのもお薦めです。
例えば…

  • 寝る前にベビーマッサージをする
  • お風呂に入る
  • 寝やすいBGMをかける…など

うちは寝る前に入浴させて暗い部屋に連れて行くようにすると寝ぐずりが減りました。
是非、チャレンジしてみて下さい。

寝かしつけ・ぐずり対策はこのマニュアルが効果的です!
ママ友から教えてもらった、ぐずり対策のマニュアル本です。とても参考になることが書いてあり、実践しても結果が現れるので、赤ちゃんも私も精神的にも非常に楽になったので、オススメです♪
インストラクターの竹原秀明さんすご過ぎです!でも、マニュアルはとてもいいのだから、もうちょっと可愛いHPにすればいいのに(笑)
寝かしつけマニュアル「赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術」

スポンサードリンク