生後6ヶ月(半年)の寝ぐずり・夜泣き・ギャン泣き対策!止める方法は?

6ヶ月(半年)過ぎのギャン泣きや、寝ぐずり対策

めいこさんの場合

寝ぐずり・夜泣きは泣けてくる

寝返りを打つようになってから、夜に寝返りを打つ度に泣くようになりました。最初は何で泣いているか分からず、泣いては抱っこして寝たらベッド戻してを繰り返していました。
最低夜中に2回は泣き、寝たまま泣く時もあれば、身体を起こして泣く時もありました。大変な時は、抱っこして寝たと思って戻すとまた泣いて起きるの繰り返し。そのため抱っこ紐で抱っこしたままソファで寝ることもありました。泣き止まないという事はありませんでしたが、抱っこじゃないと寝ない状態、背中スイッチが入った状態が続いた時があり、その時は平均3時間睡眠でした。
なぜ泣くのかよくよく見ていると、どうも寝返りを打った時に勢いあまって身体を起こしてしまい眠いのに起きるから泣くという感じのようでした。こっちが泣きたいよ・・・ということの連続でした。

 

私の夜泣き・寝ぐずり・ギャン泣き 対応方法

寝ながら泣いている場合は、背中をさすったり、トントンしていました。身体を起こしてしまう場合は、抱っこしゆらゆらしながら寝かしつけました。
よくやったのは、スクワットです。抱っこしてスクワットをするとよく寝てくれました。
あとは常に抱っこ紐をそばに置き、すぐに使えるようにしていました。
夜泣きを減らすために対策をいくつかしました。ベビーベッドだったので、ベッドガードを厚めにして寝返りを打っても柵にぶつからないようにしました。
最初は多少効果ありましたが、時期にまた泣くようになりました。かなり寝ている最中動くので、柵にぶつかりそれが原因で起きてしまうのもあるようだったのでベビーベッドを辞め添い寝をするようにしました。
あとは、すやねむカモミールがいいと聞いたので、早速購入してみました。オーガニック製品で、ノンカフェインなので、スムーズにのんでくれました。
すると大分夜泣きの回数が減りました。
他のママの体験談とかも、付属の冊子に掲載していて、とても参考になりました。
子育てに頑張っているのは1人じゃないんだなぁっとなんだか勇気づけてもらいました。

 

→すやねむカモミールの詳細はこちら

 

子供が生まれた後の夫婦関係は!?

夜の営みの方は、触られのが嫌という感情はありませんでしたが、育児が大変でそのような気分にならなかったので、産後は一回も行為をしていません。寝不足や産後のつかれもあり相手を男性に見れないとかでは無く、ただ単に身体が辛いからという感じでした。
元々お互い性欲が無く子どもを作るためという意識が強かったのもあり、無くても問題はありませんでした。仲は良いですし、出産前、後も変わりなく良好な関係です。
現在二人目を希望しているので、行為を再開しますが、普段から抱きあったり等のスキンシップはあるので特に抵抗なく再開できると思います。
行為自体が私達夫婦にとって、お互いに重要なことでは無かったのでケンカもなくギクシャクする事もなくこれたのだと思います。