授乳中こそ葉酸サプリ!血液を良質に!人気葉酸サプリはこれ!

授乳中こそ葉酸がとても大事

葉酸は妊娠中だけでなく、授乳中もかなり重要なのです!
母乳のもとになる血液を良質なものにすることにより、赤ちゃんへの栄養補給も促すことができます。
栄養たっぷりの葉酸に、鉄分やカルシウム、野菜、プラセンタなどが全部含まれた
ベルタの葉酸サプリはおすすめですよ!
赤ちゃんへの栄養が足りてるのかな?という心配はこれでなくなりますよ!

 

赤ちゃんへの栄養を

おすすめの葉酸サプリ

 

ベルタ葉酸サプリの詳細はこちら

 

ベルタ葉酸サプリ120粒入りの成分
葉酸400μg
・ビタミン・ミネラル27種類
・鉄分16mg
・カルシウム232mg
・野菜21種類
・美容成分6種類(ツバメの巣・ヒアルロン酸
・プラセンタ・コラーゲン・珊瑚カルシウム・黒酢もろみ)

 

乾燥酵母、葉酸含有酵母、もろみ酢粉末、燕の巣加工品(デキストリン、酵素処理 燕窩)、ミネラルイースト、ヨウ素含有酵母、フィッシュコラーゲン(ゼラチン)、馬プラセンタエキス末、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、かぼちゃ、さつまいも(紫芋)、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん、貝殻未焼成カルシウム、セルロース、クエン酸鉄Na、ステアリン酸Ca、クエン酸、ビタミンB6、ビオチン、サンゴカルシウム、着色料(β-カロテン)、ビタミンC、ヒアルロン酸、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンA、葉酸、ビタミンD3、ビタミンB12

 

※ビタミンAは1粒当たり0.45μg(0.00045mg)、ビタミンEは1粒当たり16.12μg(0.016mg)の含有量になっています。 ビタミンA・ビタミンEの摂り過ぎになることが無いように配慮した配合です。※1 無添加は「香料・着色料・保存料・香料発色剤・漂白剤・防かび剤・膨張剤・苦味料・光沢剤」。
葉酸サプリ
葉酸サプリ
粒も小さくて飲みやすです。

 

葉酸サプリの飲み方

栄養機能食品として1日4粒を目安に水またはぬるま湯などでのむといいですよ!
サプリメントは薬ではないので、基本的に副作用という考え方はありません。
食品と一緒ですので、基本的にはいつ飲んでもいいですが、私は食後、起きた後、寝る前に飲んでいました。

 

ベルタ葉酸サプリの詳細はこちら

 

 

私の葉酸体験

葉酸の必要性は妊活中から必要と、ネットや通院している病院のパンフレットをみて知っていたので積極的に摂取するようにしていました。
助産師さんに栄養面での指導が何回かあった時に葉酸の摂取によって胎児の成長に良いことはアドバイスされました。
そこで、葉酸サプリメントを妊娠前からのんでいました。
食べ物ではよくブロッコリーや野菜でおぎなっておりしっかりとれていました。食事の栄養バランスにかたよりがないようにきをつけて、まんべんなくたべるようにしていました。

授乳中の葉酸

低血圧や貧血がもともとあって、体調がすぐれないこともよくありましたが、葉酸サプリの摂取をこころがけてからは、妊娠中もめだって貧血がひどくなることもなく良い健康状態でした。授乳中も健康状態がよくて母乳のでもよかったです。
看護師さんからも葉酸はいいですよ!といわれていたのもありましたが、自分でも積極的に毎日葉酸サプリをとっていたのも良かったとおもいます。
葉酸サプリの中に、カルシウム、ビタミンなども含まれているので、母乳の栄養不足が避けられたのかとも思います。

 

ベルタ葉酸サプリの詳細はこちら

 

 

 

授乳中に葉酸サプリを飲んでいる人の口コミです。

葉酸サプリを授乳中ものんでいます。

産婦人科では、葉酸は妊娠初期までに適量を摂取すると、先天性異常のリスクが減ると言われました。
また、妊婦に起こりやすい貧血の予防にもなるので、葉酸がたくさん含まれるほうれん草やレバーをなるべく摂取して下さいと言われました。
ほうれん草は時期ものの野菜で高い時もあるし、レバーばかり食べるのも苦痛だったので、サプリメントを摂取し、なるべく葉酸の含まれる食品を食べることにしていました。熱を加えると効果が薄いと聞いたので、ほうれん草は味噌汁にして食べていました。
大きな変化はなかったように感じますが、妊娠中に一回も貧血にはなりませんでした。また、血圧や尿蛋白等もずっと正常値で、つわり以外は比較的体調が良い妊娠生活だったと思います。赤ちゃんも順調に育ち、本当に穏やかな妊娠生活を送ることができました。
助産師さん、看護師さんにも授乳中の葉酸もいいので、とるようにいわれたので、授乳中も欠かさず葉酸サプリを飲んでいましたね。

「葉酸は妊娠初期に必要な栄養素だということで有名だけど、出産後は質の良い母乳を作るために重要となってくるから、毎日の食事を通して積極的に葉酸を取るように気を付けるように」と言われました。「貧血対策にも葉酸摂取は有効だ」ともアドバイスされました。 市販のサプリメントは添加物が気になったので、主に食事からの葉酸摂取を心がけました。先生から葉酸は納豆やブロッコリー、ほうれん草に多く入っていると教わったので、それらを積極的に食事に取り入れるようにしていました。特に私は納豆が大好きなので、毎日1パックは食べるようにしていました。

授乳中の葉酸

体質のためか結局出産後は母乳があまり出なかったので、葉酸摂取により質の良い母乳を作ることができていたかはわかりません。しかし、授乳期から授乳終了後の現在まで葉酸摂取を心がけた食事をしていますが、健康診断などで血液検査をした際に貧血だと言われたことがありません。葉酸だけの効果ではないかもしれませんが、貧血に関しては葉酸は有効な栄養素の一つだと言えると思います。

産婦人科でできれば毎回の食事に、食べられないようなら1日に一回の食事には摂取するようにと言われました。
ほうれん草ならたくさん湯がいておいてタッパーウエアなどに入れ冷蔵庫で保管しておけば、少し小腹の減った時にでも簡単に食べる事ができるとアドバイスを頂きました。
面倒なときは葉酸のサプリメントのサンプルを参考にしてサプリメントを摂取するなど工夫をしていました。
手軽にとれる葉酸サプリはやっぱり重宝しましたね。
子育て辛い時もあり、ましたが、母乳の栄養不足だけは嫌なので、葉酸でしっかり補っていました。
自分自身は少し貧血があり、毎日でも取るようにと言われていたのでできるだけこまめに摂取していたのが良かったようで、特に貧血に悩むこともなく元気に授乳中の生活を楽しむことができました。
子どもも健康に育ち生まれてきてくれたので、それが何よりの心の安定剤となりました。

 


ベルタ葉酸サプリの詳細はこちら